スポンサードリンク

瀕死の娘の心臓を移植。手術で未来を切り開いた少年による『奇跡をありがとう』の手紙とそのドナーの父親に涙腺崩壊

1: Wild Boy
uploaded (7)

感謝の念
米・フロリダ州・インヴァネスの自宅近くで、14歳の少女Katelyn Zimmerman(ケイトリン・ツインマーマン)さんは、自転車に乗っていたところ飲酒運転ドライバーに跳ねられ、瀕死の重傷となりました。
そしてその一方でケイトリンさんと同じ年齢の14歳の少年Ali Jefferies(アリ・ジェフリーズ)君は、幼い時に心筋症と医師から診断され彼が生き抜くには、心臓移植だけが唯一の希望とされていました。
ケイトリンさんが自動車事故に遭った日、両親は我が子の臓器を提供することを決断しました。
瀕死状態だったケイトリンさんの心臓を、アリ君が移植手術によって譲り受けるという大手術が行われたのです。

続きは「次ページ」で♪
スポンサードリンク
  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    楽しくて読み放題♪

    「医療」カテゴリの最新記事

    コメント