スポンサードリンク

【感動】傷ついたハクチョウを助け、羽毛100%マフラーの恩返しを受けた男性の話(※画像あり)

1: Wild Boy
12965532


そのハクチョウと男性の出会いは2014年の秋にさかのぼる。
イギリス南部にあるハクチョウの保護施設、アボッツバリー・スワネリーに、テレビ番組の取材で訪れたリチャード・ウィーゼは1羽の傷ついたコブハクチョウを見た。

そのハクチョウは鉄製のフェンスで深い傷を負い、この施設へやってきたのだ。
リチャードはとりわけこのハクチョウに気を配り、自然に帰れるよう常に寄り添っていた。
そんなリチャードの気持ちが通じたのだろう。
ハクチョウはその身を安心してリチャードに預け、まるでマフラーのようにリチャードの首に巻きついてきたのだ。

続きは「次ページ」で♪
スポンサードリンク
  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    楽しくて読み放題♪

    「動物・生物」カテゴリの最新記事

    コメント