スポンサードリンク

【友情物語】臆病で警戒心の強いカワウソが唯一、心を開いたおじいさん(※動画あり)

1: Wild Boy
8dc40a6f


雪深きフィンランドの中で、ラマネンおじいさんの深くやさしい声が響き渡る。
「イービリ、おいで!」。
その言葉に反応したのは1匹の野生のカワウソだ。
カワウソは氷の中からひょっこりと顔をだし、おじいさんの姿を確認すると、おじいさんの後についていった。

続きは「次ページ」で♪
スポンサードリンク
  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    楽しくて読み放題♪

    コメント