スポンサードリンク

体を縮こまらせて外の世界に怯えていたチンパンジー。20年ぶりに再会した命の恩人に涙を浮かべて喜ぶ姿に涙腺崩壊(※動画あり)

1: Wild Boy
4f6860d0

命の恩人
研究所で飼育されていたチンパンジー達に外に出て草むらを走り周るチャンスが訪れた。
彼らは6年ぶりに外に出た。しかしその長い監禁生活は、彼らを臆病にさせた。

「草の上に足を乗せることすらも怖かったのかもしれません。
あるいは風や太陽でさえも恐怖の対象だったかもしれません。
彼らは入り口のところで身を小さくして、出てこようとはしなかったのだから。」

と動物科学者によって語られるほどだった。

続きは「次ページ」で♪
スポンサードリンク
  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    楽しくて読み放題♪

    コメント