スポンサードリンク

【世界の奇病】日中はごく普通に活動できる子供たちが、夜になると動くことも話すこともできる植物状態になってしまう少年に密着(※動画あり)

1: Wild Boy
f69d59ef

『ソーラーボーイ』
奇妙な症状に悩まされている、パキスタンに住むショアイブ・アフメト(13)とアブドゥル・ラシド(9)
そしてイスラマバードの医師たちも彼らの症状に頭を抱えている。
彼らは日中はごく普通に活動できるが、日が落ちると動くことも話すこともできない
すなわち植物状態になってしまうのだ。
そして翌日、日が昇るとまたいつも通り活動ができるという。
彼らの体に一体何が起きているのだろうか?

続きは「次ページ」で♪
続きを読む

切断される左足に23年間の感謝を込める明るくてユニークな日記に誰もが称賛(※画像あり)

1: Wild Boy
uploaded

『左足、最後の冒険』日記
米バージニア州、フレデリックスバーグ在住のジョセフ・プレバンさん(当時23歳)はスポーツが大好きで活発な青年。
ところが急な病により医師からは左足切断を指示されてしまいました。
切断の意志を固めたジョセフさんに、医師は「手術まで好きなことをしてもいい」とアドバイスします。
そこでジョセフさんは「ジョーの左足、最後の冒険」と称し日記を綴る事にしました。

その日記の明るさと彼の前向きさに心撃たれます。

続きは「次ページ」で♪
続きを読む

『僕はここにいる!』意識があるのに10年間植物状態だと勘違いされ続けた少年が、自らの人生を取り戻すまでの奇蹟のストーリー(※動画あり)

1: Wild Boy
familypic

ゴーストボーイ・・・

意識はハッキリとあるのに、動けない。
サインを送ることもできないから、
自分の意識がはっきりとしていることに誰にも気付いてもらえない。

そんな謎の病と闘った少年の物語。

植物状態とカン違いされ続けたマーティンは、
自分自身のことを「ゴーストボーイ」と名付けました。

これは長い間ずっとないものとして扱われていた少年が
自分の人生を取り戻す事のできるまでを綴った奇跡のストーリーです。

続きは「次ページ」で♪
続きを読む
3 / 3123

スポンサードリンク

人気記事