スポンサードリンク

【閲覧注意】亡きおじいちゃんの遺骨と自撮りパシャ―!インドネシアのある島で3年に一度行われる奇妙な儀式(※画像あり)

00

若い女の子たちが4人で自撮りパシャー!
それはわかる、今時の子だもんおかしい事は何もない。

けれど、これは違和感を感じざるを得ない。

だってその片隅に写るもう一人はガイコツではないか…

不謹慎!なんてことを!と思う人もいるだろうが、これはインドネシアのとある島で長年行われてきたとある儀式の光景なのだそうだ。


儀式…つまりそれは嘘の骨じゃなく
『人骨』なのである――。
あまり触れてはならない気がするが
この島では儀式としてみんな行う事。

次のページへ⇒
続きを読む

ハリケーン・ハービーが謎の生物をテキサスに連れて来た!?砂浜に打ち上げられた謎の生物がアメリカで話題に(※画像あり)

00

今アメリカを取り巻くハリケーンは『イルマ』だが、
その前にテキサス州に直撃したハリケーン『ハービー』が過ぎ去ったあと、テキサスにあるビーチで異様な生物が発見されたという。

発見者の女性はその写真を撮影し、ツイッターに投稿。
「コレが何者なのか?」という事でそれはどんどん広まり話題に――

驚くほど大きく、そして異様な姿をしたその生物の全容とは!?


一言でいうなら「キモイ」!?(笑)
生き物だからこんな事いうのもアレだが
若干のグロ注意?
覚悟してそのモザイクの向こうをご覧あれ!

次のページへ⇒
続きを読む

生まれつき色盲だった男性 66歳の誕生日にエンクロマ眼鏡をプレゼントされ人生初の”色”を見た瞬間に思わず涙(※動画あり)

00

一般的に『当たり前』と思われている事が当たり前でない人は世の中に多く存在する。

この男性には、普段私たちが見ているような「空の青さ」「花のカラフルさ」も見えていない。
彼の瞳に映る世界は、生まれた時から色のない世界だったのだ。

そうして迎えた66歳の誕生日――

彼は66歳にして、そんな素敵な世界の見える品を受け取ったのだった。


色のない世界ってどんなのなんだろうね…
66年間もそれを当たり前として
ずっと生きてきた1人の男性が
ついに『世界の色』を見た瞬間とは…

次のページへ⇒
続きを読む

スポンサードリンク

人気記事